ブルレイのデータ復旧はおまかせ下さい

トラブルによりデータの読み取りが出来なくなってしまったBD/BD-REからデータを復旧致します。
原因不明の読み込みエラーやファイル消失、誤操作によるデータ削除、初期化によるデータ消失など様々な障害に対応してます。
またPCで保存・記録されたデータだけでなく、BDレコーダーでダビングした動画、ブルレイライターで記録した動画にも対応しています。
ビジネスデータから、大切な動画など、様々なデータを取り戻すために強力にサポート致します。まずはお気軽にご相談下さい。

お客様からよく受けるご相談内容です

BDのトラブルに関して、よくあるお問い合わせ内容です。多くの方は、いずれかの症状に該当するのではないでしょうか。

誤って必要なデータを消去してしまった。

動画を追記したら、新しい動画だけが記録され、過去の動画が消えてしまった。

不要な動画を削除したら、必要な動画も全て消えてしまった。

BDに記録したデータが読み取り出来ない。空き容量、使用容量ともに0バイトと表示される。

BDを取り出す際に、中心部分に1~2センチほどヒビが入ってしまった。

BDを落下させてしまい、ディスクの外側が少しだけ割れてしまった。

過去にデータを記録したBDを再生しようとしても、認識出来ないディスクとなる。

既にデータが記録されているディスクなのに、デッキに入れたらディスクの初期化が開始された。

ディスクの内側から外側にかけて、完全にヒビが入ってしまっている。
ディスクが完全に割れてしまっている。

データが消えた後に、ディスクに対してデータの上書きを行っていなければ、ほとんどの場合は問題なく消失した復旧可能です。

どれだけのデータが復旧出来るかは、ディスクや記録信号の状態によります。最後にデータ確認してから年数が経っている場合、信号劣化が極度に進行してしまっており、記録データが全く復旧出来ない場合もあります。

記録されているデータは復旧出来ません。復旧調査も受付出来ません。

復旧可能リストをお渡しします

ディスクセーフでは、無料初期診断完了時にデータ復旧率をお伝えすると共に、復旧可能なファイル一覧をお伝えします。
保存データがデジタルカメラで撮影された写真や、画像ファイルがメインの場合は、復旧可能な画像一覧をお伝えします。
保存データが動画ファイルの場合、動画の撮影期間、撮影時間などの情報をお伝えします。
本当に欲しいデータが復旧できるか、正式な復旧をお申し込み頂く前に、事前にご確認頂けます。

データ復旧は丁寧に確実に行われます

BDに記録されたデータは、従来のDVDとは記録方式が異なる為、簡単にはデータ復旧が出来ない事も多々あります。
ディスクセーフでは、復旧ソフトは使用せずに、自社製の解析装置と長年培ってきたRAW解析技術を駆使して、
1つ1つのファイルを確実に復旧して行きます。
復旧にはお時間がかかる場合もありますが、高い復旧率になります。

症状やデータ量に関係なく、定額費用だから安心

メディア種別 補足事項等 料金

BD-R、BD-RE
片面1層

どのような症状でも復旧費用は定額です。

復旧するデータ量や、復旧難易度、データ状態による追加料金はありません。

BDに2センチを超えるヒビが入っている場合、データ解析中にディスクが破断する恐れがあるため、 復旧は受付出来ません。

BDディスクの研磨は自殺行為です。研磨機で磨いたBDは原則として復旧は受付出来ません。

(定額)15,000円

BD-R DL、BD-RE DL
片面2層

どのような症状でも復旧費用は定額です。

復旧するデータ量や、復旧難易度、データ状態による追加料金はありません。

2層のBDであっても、データが2層目に差し掛かっていない場合は、1層の料金が適用されます。

BDに2センチを超えるヒビが入っている場合、データ解析中にディスクが破断する恐れがあるため、 復旧は受付出来ません。

研磨機で磨いたBDは、原則として復旧は受付出来ません。

(定額)18,000円

信号劣化が発生しているBDのデータ復旧調査や、データ復旧作業には、復旧調査完了まで大変長らくお待たせする場合が御座います。
復旧調査にお時間がかかる場合でも追加料金は発生しませんが、お急ぎの場合は調査にどれ位の時間が必要か、お電話にて事前確認をお願いします。

とても嬉しいオーサリングサービス付き

復旧対象のBDに、主にデジカメやスマートフォン、ビデオカメラで撮影された動画データが記録されている場合、お客様にご確認の上で、無料オーサリングを実施させて頂いてます。
オーサリングされたBDは、ご家庭のBDデッキなどでそのまま再生可能になるため、これまでパソコンでしか再生出来なかった動画がご家庭のTVで視聴可能になり、とても大好評です。
※動画以外のデータが混在している場合は、データ形式での納品となります。

物理障害に威力を発揮するVSA技術

ディスクセーフが独自に制作した、VSA装置(Virtual Sector Analyzer)は、ヒビ割れ、剥離、局所的な信号劣化により、ディスクが認識出来なくなった場合でも、 ハードウェアレベルでフォーマットのエミュレーションを行う事で、記録されているデータを強制的に回収、復旧可能です。 また、強力なデータ読み取り性能を合わせ持つため、信号劣化などが原因で読み取り不能になったBDであっても、劣化の初期段階であれば記録されているデータを問題なく復旧可能です。 しかし、BDの信号がどれだけ衰弱しても読み取りが出来る訳ではなく、信号レベルがある一定のレベルを下回るとVSAでもデータの回収は出来なくなります。 思い当たる節もなく突然、データの読み取り異常に遭遇した場合は、信号劣化の可能性もありますので、お早めの調査をお勧めいたします。

DVDとBDの違いについて

BD(ブルレイ)ディスクは、従来のDVDと何が違うのでしょうか。
分かりやすい違いとして、記憶容量の違いがあげられます。
従来のDVDは記憶容量が4.7Gに対して、BDの記憶容量は25G(約5倍)になります。
また、変更点は記憶容量だけではなく、データの書き込み方式(フォーマット)にも新しい規格が使われています。
従来のDVDの記録には、広く一般的にUDF2.01という規格が採用されてきました。
そして、BD-REには「UDF2.5」、BD-Rには「UDF2.6」が採用されています。
少々厄介なのが、BD-Rに採用されているUDF2.6という規格でして、この規格には
POW(Pseudo OverWrite)と呼ばれる、擬似書換え方式が採用されています。
POWによりデータが書き換えられた(消去)されたデータは、BD-Rの物理アドレスが
変更されるため、消去されたデータにアクセス出来なくなります。
物理アドレスが書き換えられると、最初からそのデータは存在しなかった事となりますので、
POWにより消去されたデータは復元する事が出来なくなります。
POWは、物理アドレスを暗号鍵情報の1つとしている、AACSなどのコンテンツ保護機能にとっては、
とても都合の良い機能(実際にPOWが使用されてます)となりますが、POWそのものはコンテンツ保護とは
無縁のデータにも適用されます。
これは、従来は復元ソフトなどで復元出来ていたデータも、BD-Rに関しては復元が出来ない事を意味します。
弊社の解析装置はPOW解析を行う事が出来る為、POWにより消去されたデータであっても、問題なく復元可能です。
但し、デジタル番組(AACS)に関しましては、コンプライアンスを重視し、復旧作業は受け付けていません。
復旧に対応出来るのは、著作権保護されていないホームビデオや、写真、ビジネスデータに限定されます。
他社では全く復旧が出来なかったデータ、復元不可能と診断されたデータ。
それはPOWにより、復旧出来なかったのかもしれません。

BDを選ぶなら、どこが良いの?

これは、お客様より時々頂く質問になりますが、回答が難しい質問です。分かっていても、簡単にお答えできない所でもあります。
1つ言える事は、BD-Rのパッケージを見て、LTHと印刷されていれば、可能であれば使用は避けるべきかもしれません。
LTHと記載されたBDは、信号記録層に従来のDVD-Rと同じ有機色素が使用されているはずです。
一概に有機色素が悪いとは申しませんが、有機色素の品質によっては、データ記録から数年でデータが消える事もあると思います。
このあたりは、DVDの寿命(耐久年数)について知っておこうあたりが参考になると思います。
そのような背景から、お値段は安くてもLTHタイプのBDは避けた方が無難だと思います。
ディスクセーフでは、従来よりお客様に納品させて頂くBD-Rは、パナソニックの日本製BDを使用しています。
BDに関しては、パナソニックが絶対的に良いと進言している訳ではありません。
例えパナソニック製のBDであっても、日本製以外のBDはあまり信用していません。
BDディスクに限ったお話ではありませんが、日本製の製品は品質のバラつきが少ないです。
日本の製造業に携わった事がある方ならお分かりになると思いますが、日本の製造業の品質検査や品質保証って本当に厳しいです。
少しでも品質に疑いがある商品は、容赦なくはねられます。
原因が材料などにあると判明した場合は、場合によってはロットアウト(全品出荷停止)します。
日本の製造ラインを海外に移転した際に、まず一番に頭を抱える課題は、決まって「日本と同じ品質の製品が出来ない」「不良率が高い」です。
BDディスク1つをとっても、数多くの材料の仕入先があり、生産ラインがありますが、日本ではそれぞれの工程で高い品質管理が行われてます。
製造業によっては、品管が権威を持っている会社も少なくはありません。それ位、日本の製造業は、品質がカギとなっています。
そのような背景もあり、日本製は品質が安定しており、安心感が違います。
データを失ってから後悔する位であれば、多少お値段が高くても日本製を購入する事は、保険と思えば納得も出来ます。
メーカーというよりは、日本製のディスクを選ぶ事が、失敗しないポイントだと思います。
ただ、偽物の「日本製」を掴ませられない様に、ネットなどで購入する際は「販売元」「小売店」にも注意が必要です。