ビデオカメラのデータ復旧サービスのご利用にあたり、よくある質問をまとめました。
疑問な点が御座いましたら、FAQに同じ内容が無いかご一読下さい。

ビデオカメラFAQ

ビデオカメラをどのように送付したら良いですか?
ビデオカメラ本体を送付頂く場合は、「ゆうパック」「クロネコヤマト宅急便」をご利用頂けます。
ビデオカメラ購入時の外箱をお持ちでしたら、ビデオカメラ本体を箱の中に入れてから、更に一回り大きい適度な大きさの箱に入れて頂ければ、問題御座いません。
ビデオカメラ購入時の外箱を廃棄した場合は、ビデオカメラ本体をプチプチやタオルなどで包み、段ボールに入れて発送すると安全です。
窓口で荷物を渡す際に、「精密機器です」と伝えると、精密機器ラベルを貼り付けしてもらえますので、より安心です。
ビデオカメラを送付する際に、充電器やコード類は必要ですか?
ビデオカメラ本体を発送して頂く際は、ビデオカメラ本体のみ発送して頂ければ問題御座いません。
ACアダプターや充電器、取り扱い説明書やケーブル類の発送は不要です。
※ビデオカメラ本体と一緒に、付属品が送られてきた際は、クリーニングして返却させて頂いてます。
HPに記載されている以外の費用はかかりますか?
ディスクセーフのビデオカメラ復旧サービスは、完全定額制となります。
ホームページに記載されている料金以外に、追加料金がかかる事はありません。
ビデオカメラを送付した後に、後追いで「メディアの状態が悪い」「データの状態が悪い」など、様々な理由をつけて料金が上がったり、追加費用が掛かる事はありません。
また、どれだけ復旧するデータ量が多い場合でも、追加料金はかかりませんので、ご安心下さい。
データの復旧が出来なかった場合でも、費用は発生しますか?
ディスクセーフのビデオカメラ復旧サービスは、成功報酬型となります。
お預かりしたビデオカメラからデータが復旧出来なかったり、お客様が必要とされるデータが復元出来なかった場合、料金はかかりません。
お客様にご負担頂くのは、往復送料のみとなります。
ビデオカメラを発送してから、どの位の期間で戻ってきますか?
混雑状況にもよりますが、ビデオカメラを送付頂いてから、お客様のお手元にビデオカメラとデータが戻るまで、おおよそ1週間から10日になります。
お急ぎの場合は、ビデオカメラ送付時に、メモ用紙などに赤マジック等で目立つように「〇〇日に使用したいので、特急返却で!」とご記入ください。
優先的に作業を実施させて頂きますので、ビデオカメラ本体を発送して頂いてから、最短3日でビデオカメラがお手元に戻ります。
また、ディスクセーフにビデオカメラを持ち込みして頂く場合、その日のうちに、ビデオカメラ本体をご返却させて頂く事も可能です。
特急対応の場合も、追加料金は頂いていません。
どうして値段がこんなに安いのでしょうか?
ありがとう御座います。弊社では、データ復旧の物量をこなす事で、価格を下げさせて頂いてます。
また、弊社のビデオカメラ復旧は、復旧率の高さゆえに、診断をしたが復旧出来なかった。という事が滅多にありません。
データ復旧業界では、成功報酬が常識になりつつありますが、診断をしたがデータ復旧が出来なかった場合、お客様から頂ける費用は0円です。
お客様から費用が頂けなくても、会社として設備費や人件費はかかります。
回収出来なかった費用は、早い話、復旧が成功した方に対して、暗黙に上乗せ請求される訳です。
また、ディスクセーフでは、経費削減の為にあらゆる努力をしています。
ビデオカメラのデータ復元で、一番手間のかかるデータ解析や再構築作業(復元ソフトとは次元の異なる物で、通常は人間が行います)は、簡易的な人工知能によりほぼ自動化されており、人件費を抑えています。
値段が安いからと言って、仕上がり品質が担保出来ない復元ソフト類は、一切使用していませんのでご安心下さい。
弊社は、もともと産業向けプログラムを開発する会社でもあり、復旧作業を合理的に行うためにも、プログラム技術を活かしています。
お値段が安いだけではなく、とても高品質なビデオ復旧サービスです。
ビデオカメラ本体には、消えていないデータが含まれます。ビデオカメラを発送する前に、事前にバックアップを取った方が良いですか?
ディスクセーフでのビデオカメラ復元作業にあたりまして、現在ビデオカメラに残っているデータが消えてしまう事はありません。
データの復元作業は、お預かりしたビデオカメラの完全複製データ(クローン)を作成して、安全なクローンデータ上で行っています。
お客様にて、ビデオカメラの事前のバックアップを取って頂いても問題は御座いませんが、二次的なトラブルを起こさない為にも、なるべくそのまま発送する事をお勧めします。
なお、現在ビデオカメラに残っているデータにつきましては、復元したデータと一緒に、撮影日別、時系列順にBDビデオディスクや、DVDビデオディスクとして収録させて頂いてます。
復元した動画を収録したBDビデオディスクは、パソコンにもコピーできますか?
復元した動画をBD(ブルレイ)デッキでそのまま再生可能な状態でディスクをお作りさせて頂く場合、ご使用のパソコンにBDドライブが搭載されていれば、パソコンにデータとしてコピーする事が出来ます。
最初から、パソコンで動画編集する事を前提とする場合は、BDデータ形式でデータを記録するか、SDカードなどに記録する方法もあります。
ご利用用途に合わせた、最善のデータ記録方法をご提案させて頂きますので、ご要望が御座いましたら、お気軽にお伝え下さい。
復元した映像は、古い順から再生されますか?
弊社では、動画や写真データを復元するだけではなく、撮影日時も正確に解析しています。
MTS,M2TS,MOD,TOD,MP4,MPG(Sony)など、あらゆる動画規格に正しい撮影日時が付与されます。
ビデオディスクに映像を収録する際は、1撮影日を1つのトラックとして古い動画から順に再生されます。
チャプタースキップすると、同日撮影の次の動画にスキップ出来ます。
データ納品の場合は、1つ1つのファイル作成日時が撮影開始日時になっています。
写真データにつきましても、1つ1つのファイル作成日時が撮影日時になっています。
何社かにビデオカメラを復旧調査に出しましたが、復旧不可と診断されました。見てもらう事は出来ますか?
他社に復旧調査に出した際に、どのような診断結果であったか、分かる範囲で構いませんのでお聞かせ下さい。
状況が把握できれば、弊社での復旧の可能性をお伝えする事が出来ます。
これまでにも、最大4社で復旧不可と診断されたビデオカメラからの復旧実績も御座います。
他社に復旧調査にお出しになられ、復旧不可と診断された場合は、いくつかの確認したい事項が御座いますので、メールではなくお電話にてお問い合わせ頂けますと、復旧の可能性につきまして、精度の高いご回答が出来ます。

※復旧調査に出された会社によっては、自社の復旧率の高さを堅持したいが為なのか、仕事にならなかった事への腹癒せなのか、復旧不可や復旧キャンセルされた際に、メディアを壊す業者も存在します。
とある会社に調査に出されたビデオカメラは、これまでに何度も同じような方法で内蔵HDDや、内蔵メモリが破壊されていました。
該当する会社に出されていた場合は、お電話の時点で復旧調査をお断りする場合が御座います。
故障したビデオカメラは、データ復旧後にメーカー修理に出せますか?
ディスクセーフでは、故障したビデオカメラの分解、データ復旧にあたりまして、分解の痕跡は残しません。弊社にてデータ復旧を行ったビデオカメラは、安心してメーカー修理にお出し頂けます。
ただし、水没が原因で故障したビデオカメラは、全損扱いとなる事が多く、メーカー修理は断られる可能性が高くなります。
壊れたビデオカメラのデータ復旧後に、修理も行ってもらえますか?
弊社では、故障したビデオカメラの修理は行っていません。データ復旧後に、メーカーにて修理をお願いします。

※過去のお話です
故障したビデオカメラにつきまして、データ復旧をご利用されたお客様に対しまして、付帯サービスとして部品代のみ(2,000円~8,000円程度)にて、格安修理に対応していた時期がありました。
しかし、ビデオカメラは年式が古くなってくると、修理を実施しても、数年程度でまた別の箇所が故障する事がありました。
1度でも弊社でビデオカメラの修理を行うと、次回故障した際に「また格安修理をしてもらえる」と誤認を招いたり、「ディスクセーフで修理したから、すぐ壊れた」と誤解を生む可能性があったため、2016年より弊社ではビデオカメラの修理は一切行わない事になりました。
交換部品を必要とせずに、簡単な回路修復などで修理可能な場合は、お客様にご相談の上で善意修理を行い、ご返却させて頂く場合がありますが、修理料金は一切頂がず、修理後の永続的な動作保証もしていません。
ビデオカメラ本体を持ち込みたいのですか、突然お伺いしても対応可能ですか?
ディスクセーフにビデオカメラ本体をお持ち込み頂く場合、事前の予約が必要になります。
お電話にてご都合のよい日時をご連絡頂き、ご予約された日時にお越し下さい。
電話(0566)-45-7178
なお、お持ち込み頂くのは、ビデオカメラ本体のみで大丈夫です。
ビデオカメラの付属品などは必要御座いません。