CD、DVDのデータ復旧はおまかせ下さい

トラブルによりデータの読み取りが出来なくなってしまったCD,DVDからデータを復旧致します。
原因不明の読み込みエラーやファイル消失、誤操作によるデータ削除、初期化によるデータ消失など様々な障害に対応しております。
またPCで保存・記録されたデータだけでなく、DVDレコーダーでダビングした動画、デジタルビデオカメラで撮影した8cmタイプのDVDにも対応しています。
ビジネスデータから、旅行の思い出写真、お子様の成長記録を記録した動画など、データ資産の復旧を強力にサポート致します。まずはお気軽にご相談下さい。

お客様からよく受けるご相談内容です

CD、DVDのトラブルに関して、よくあるお問い合わせ内容です。多くの方は、いずれかの症状に該当するのではないでしょうか。

記録されているデータを誤って消去してしまった。初期化をしてしまった。

データを追記したら、今まで保存されていたデータが消えてしまった。

ディスクにファイルを追加するには、ファイルをこのフォルダへドラッグしてください。と表示され、記録していたデータが表示されなくなった。

テレビ番組を録画したDVDをパソコンに入れたら、どの機器でも再生出来なくなった。

DVDに記録したデータが読み取り出来ない。空き容量、使用容量ともに0バイトと表示される。

DVDを取り出す際に、中心部分に1~2センチほどヒビが入ってしまった。

過去に動画を記録したDVDを再生しようとしても、認識出来ないディスクとなる。

以前から使用しているDVD-RAMのデータが突然全て消えてしまった、

CRC巡回冗長検査エラーが表示され、データが読み取り出来ない。

ディスクの内側から外側にかけて、完全にヒビが入ってしまっている。
ディスクが完全に割れてしまっている。

データが消えた後に、ディスクに対してデータの上書きを行っていなければ、ほとんどの場合は問題なく消失した復旧可能です。

どれだけのデータが復旧出来るかは、ディスクや記録信号の状態によります。最後にデータ確認してから年数が経っている場合、信号劣化が極度に進行してしまっており、記録データが全く復旧出来ない場合もあります。

記録されているデータは復旧出来ません。復旧調査も受付出来ません。

復旧可能リストをお渡しします

ディスクセーフでは、無料初期診断完了時にデータ復旧率をお伝えすると共に、復旧可能なファイル一覧をお伝えします。 保存データがデジタルカメラで撮影された写真や、画像ファイルがメインの場合は、復旧可能な画像一覧をお伝えします。 本当に欲しいファイルが復旧できるか、正式な復旧をお申し込み頂く前に、事前にご確認頂けます。

データ復旧は丁寧に確実に行われます

ディスクセーフのDVDデータ復旧サービスをご依頼頂いたお客様から、『他の復旧会社に復旧調査を依頼したが、復旧不可能』 と診断されて半ば諦めていました。 『データが復旧出来て感激です』と歓喜のお声を頂く事が御座います。 各復旧業者は、それぞれ独自の素晴らしい解析設備や復旧技術をお持ちだと思いますが、設備やソフトに依存したデータ復旧には限界があり、メディアの状態が悪かったり、 データの断片化が発生していると、復旧率も低くなりがちです。 ディスクセーフでは、自社製の解析装置と長年培ってきたRAW解析技術を駆使して、1つ1つのファイルを確実に復旧して行きますので、他社では復旧に対応出来なかった 特殊なデータでも、多くの復旧実績があります。

症状やデータ量に関係なく、定額費用だから安心

メディア種別 補足事項等 料金

CD-R CD-RW DVD-R DVD-RW

どのような症状でも復旧費用は定額です。

復旧するデータ量や、復旧難易度、データ状態による追加料金はありません。

8センチサイズのDVDは、両面復旧の場合でも料金は変わりません。

DVDに2センチを超えるヒビが入っている場合、データ解析中にディスクが破断する恐れがあるため、 復旧は受付出来ません。

業務用研磨機で磨いたCDは、研磨剤浸食により記録信号が致命的ダメージを受ける事があり、原則として復旧は受付出来ません。

(定額)8,000円

DVD-RAM

どのような症状でも復旧費用は定額です。

復旧するデータ量や、復旧難易度、データ状態による追加料金はありません。

8センチサイズのDVDは、両面復旧の場合でも料金は変わりません。

12センチの両面記録タイプは、片面あたりの復旧費用となります。

DVD-RAMから、一般的ではない産業向けデータ(例:DICOMデータ関連、X-RAY関連、CAD関連)を復旧する場合は、データ構造を把握するためのサンプルファイルが必要になる場合があります。
産業向けデータの復旧を希望される場合は、事前にご相談下さい。 一般的なアプリケーションデータ(写真、動画、Officeファイル、PDF、JWCAD等)の場合、サンプルファイルは不要です。

システムログ、ジャーナルなど、テキストファイルのみが延々と記録されていた場合は、EOFが判別出来ず復旧したデータの切り出しが出来ない事があります。このような特殊なケースは事前にご相談下さい。

(定額)12,000円

信号劣化が発生しているCD、DVDのデータ復旧調査や、データが消失したDVD-RAMのデータ復旧調査には、復旧調査完了まで大変長らくお待たせする場合が御座います。
復旧調査にお時間がかかる場合でも追加料金は発生しませんが、お急ぎの場合は調査にどれ位の時間が必要か、お電話にて事前確認をお願いします。

とても嬉しいオーサリングサービス付き

復旧対象のDVDに、主にデジカメやスマートフォン、ビデオカメラで撮影された動画データが記録されている場合、お客様にご確認の上で、無料オーサリングを実施させて頂いてます。 オーサリングされたDVDは、ご家庭のDVDデッキなどでそのまま再生可能になるため、これまでパソコンでしか再生出来なかった動画がご家庭のTVで視聴可能になり、とても大好評です。 ※動画以外のデータが混在している場合は、データ形式での納品となります。

物理障害に威力を発揮するVSA技術

ディスクセーフが独自に制作した、VSA装置(Virtual Sector Analyzer)は、ヒビ割れ、剥離、局所的な信号劣化により、ディスクが認識出来なくなった場合でも、 ハードウェアレベルでフォーマットのエミュレーションを行う事で、記録されているデータを強制的に回収、復旧可能です。 また、強力なデータ読み取り性能を合わせ持つため、信号劣化などが原因で読み取り不能になったDVDであっても、劣化の初期段階であれば記録されているデータを問題なく復旧可能です。 しかし、DVDの信号がどれだけ衰弱しても読み取りが出来る訳ではなく、信号レベルがある一定のレベルを下回るとVSAでもデータの回収は出来なくなります。 思い当たる節もなく突然、データの読み取り異常に遭遇した場合は、信号劣化の可能性もありますので、お早めの調査をお勧めいたします。

DVDの寿命(耐久年数)について知っておこう

DVD-Rには、データを保存出来る期間(耐久年数)があります。 DVD-Rを製造しているメーカーや原産国により、耐久年数に大きな開きがあるため、一概にDVDの寿命が何年と言えませんが、 概ね3年~20年です。耐久年数は、有機色素の種類や品質、ディスクそのものの製造品質により大きな差があります。
DVD-Rに物理的な問題が発生して、データが読み取り出来なくなる原因としては、主に下記の要因があげられます。

  • DVDの信号を記録している有機色素の劣化
  • DVDの表面に入った傷
  • ポリカーボネイトの変形(反り)や変質
    ※透明な素材はプラスチックではありません。
DVD-Rのデータが読み取り出来なくなった際に、多くの方が「DVDに入った傷」を真っ先に疑いますが、DVD-Rは、多少の傷が入っても正常にデータが読み込めるように、 強力なエラー補正機構(ECC)があるため、ディスク表面に細かな傷がいくつか入ったとしても、読み取りに支障が出る事はまずありません。
特に、縦方向(ディスクの内径側から外径側にかけて)の傷に対しては、ECCが強力に作用しますので、細かい傷が複数入っても意外と平気です。 しかし、クリップやカッターナイフで引っかいたような深い傷がある場合は、ECCでは対応出来なくなります。
DVDの信号記録面を目視をして、深さのある傷が確認出来る場合は、傷が原因でDVDの読み取りが出来なくなっていると疑って良いでしょう。 明らかに傷が原因でDVDの読み取りが出来なくなっている場合は、ディスク研磨をする事で大抵は正常に読み込み可能な状態に復活します。
※研磨によりデータの読み取りが回復できた場合は、直ちにPCや他のディスクにバックアップをお取り下さい。

しかし、DVD-Rのデータが読めなくなった。DVD-Rが再生出来なくなったからと言って、安易に研磨する事はお勧めできません。
DVD-Rからデータを読み取り出来なくなった原因が、傷ではなくDVDの色素劣化だった場合、ディスク研磨を行う事で、状況はより深刻になります。
記録素子が劣化しているが、まだ辛うじて、信号が読めているような状況ですと、ディスク研磨によって劣化がより進行しやすい状態となり、一気にとどめを刺す事になりかねません。
DVDの信号記録層を保護しているポリカーボネイトには、複数の役割があります。

  • DVDの信号記録色素を湿気や酸化から守る
  • DVDの信号記録色素を傷から守る
  • DVDの信号記録層、反射層の平面を保つ
DVDを研磨すればするほど、これらの機能はどんどん損なわれて行きます。
DVDのデータ信号を記録、保持している有機色素の正体とは、例えるならば水性マジックのようなものです。水性マジックで書いた絵の上に、水滴を垂らすと絵はにじみますよね。
DVDの有機色素も大気中の水分に触れると、簡単に崩壊します。
ましてや、DVD-Rの信号はミクロン単位の細かさでデータが記録されていますから、わずかな湿気でも命取りです。
ポリカーボネイトは呼吸します。ガスバリア性はあるものの、わずかに空気も湿気も通します。
また、色素そのものが全く湿気を帯びないとしても、色素は紫外線や酸化でも劣化していきます。
水性マジックで書いた絵を、額縁に入れ飾った10年後を想像してみて下さい。多分、マジックで書いた絵(色素)は劣化して色あせてますよね。
DVDの研磨を行うと、保護層(ポリカーボネイト)が薄くなりますので、DVD-Rの信号劣化はより加速して行きます。
原因もよく分からずに、DVDのデータが「読み取り出来なくなったから」「再生できなくなったから」とりあえず研磨しよう。といった考えはリスクがある事を忘れないで下さい。

なお、市販DVDやレンタルDVDなどに代表される一般的なDVD-ROMは、有機色素ではなく、金属金型を使用してポリカーボネイトに物理的な凹凸を作ります。
そもそも、色素を使っていませんので、DVD-Rの最大の弱点ともいえる色素劣化はありません。
しかし、ポリカーボネイトの劣化や変形、信号反射層のアルミ酸化により、DVD-ROMであっても、いつか(100年後位?)データは読み取り出来なくなります。

DVDを選ぶなら、どこが良いの?

激安メディアとして叩き売りされていたようなDVD-Rですと、データを記録してからわずか1年未満で、信号色素が劣化してしまい、データが読み取り出来なくなる事例も多々ありました。
弊社では、これまでのCDやDVD復旧のご依頼からメーカーやブランド別による、おおまかな耐久年数をデータベース化しておりますが、 品質が安定して良かったのは、That's(太陽誘電株式会社)でした。実際にThat'sのCD-R、DVD-R(OEM含む)に関しては、復旧のご依頼件数が、 年間を通して数件程度しかありません。
高品質ゆえに適切な保管をしていれば、「データが消える」「数年で読み取り出来なくなる」といったトラブルが、ほとんど起きないようです。さすが、CD-Rを初めて実用化した会社です。
That's(太陽誘電社)は世界に誇れる、唯一の日本製DVD-Rを製造しておりましたが、2015年末で生産を終了してしまいました。 BD-R(ブルレイ)などの大容量メディアや、SDカードなどで使用される不揮発メモリの技術進歩に押されて、製造を中止せざるを得なかったのだと思います。
That'sが無くなってしまった今、DVDを購入するのであれば、バーベイタム(三菱化学メディア)が、比較的品質が安定している感じがします。ただし、海外生産している以上、品質のバラつきは避けられない(当たり外れがある)と思いますので、過信はしない方が良いです。
それから、ネットで購入できる激安バーベイタムは偽物だったりしますのでお気を付け下さい。偽物が心配であれば、家電量販店で買うのが良いと思います。