GZ-R300 JVC 故障したビデオカメラのデータ復旧依頼。東京都のお客様より。

GZ-R300-JVC 防水ビデオカメラに水が入り込み故障

ご依頼内容
防水ビデオカメラを使用していますが、旅行先のプールで使用している際に、本体内部に水が入り込んだようです。
撮影中に急に画面が暗くなり、その後、電源が入らなくなりました。
ビデオカメラ本体のレンズを見ると、レンズの内側に水が入っている事が目視でも確認出来ます。
背面のキャップもしっかり閉めていたのに、なぜ水が入り込んでしまったのか不明です。
サポートセンターに電話した所、ビデオカメラ本体の修理はしてもらえるが、データは復旧出来ないとの事でした。
御社に電話で問い合わせた所、恐らくデータの取り出しは問題ないとの事で、ビデオカメラを発送します。
大切な思い出の動画ですので、何としてもデータを取り出して欲しいです。

作業結果
お預かりしたビデオカメラを調査した所、ビデオカメラ本体内部への浸水が確認出来ました。
恐らく、シーリングの一部に問題が発生して、水が入り込んでしまった物と考えられます。
データ復旧後にメーカー修理に出されるとの事で、現状保存を優先して、原因調査は行いませんでした。
内蔵メモリにアクセスしてデータ解析を行った所、記録されている全てのデータを復旧する事が出来ました。

こちらの機種は、簡易防水機能と、奇抜なカラーバリエーションで人気のある機種ですね。
無難に白を選ぶか、思い切ってオレンジにしようか!と迷われた方も多いのではないでしょうか。
しかし、JVCが水没したビデオカメラを修理してくれるとは、少しビックリしました。
お客様に瑕疵が無いとは言え、水没したビデオカメラの修理は、普通は受け付けてもらえません。
「JVCは神サポート」に生まれ変わったのでしょうか。