HDR-CX520V Sony 水没したハンディカムからデータ復旧依頼。千葉県のお客様より。

HDR-CX520-Handycam 水没して起動しない

HDR-CX520-Handycam 水没して起動しない

ご依頼内容
ハンディカムを落下させてしまい、足場の石に当たった後に川に水没してしまいました。
すぐに拾い上げたので、水中に浸かっていたのは3秒位だと思います。
よく乾かした後に電源を入れてみましたが、電源が入らなくなってます。
ビデオカメラ本体の修理は諦めてますが、内蔵メモリーに記録している動画を復旧したい。
必要な動画は2時間弱とそこまでの量はありませんが、大事な旅行の思い出なので、
確実にデータを復旧してもらえる所を探してます。
技術があり、信頼出来そうな業者に電話をしてみた所、重度故障になるので20万円の復旧費用がかかるとの事でした。
御社の場合ですと、値段に随分に開きがありますが、本当に大丈夫でしょうか。

作業結果
お預かりしたハンディカムを調査した所、ハンディカム内部に水が入り込み、まだ本体に水が残っている状態でした。
また、レンズユニット内にも水が入り込んでしまい、レンズ内に水滴が付着していました。
恐らく、ハンディカム内部が乾ききる前に電源を入れた事で、ショートが発生して、基板が壊れたと考えられます。
メモリ基板に物理的な処置を施した後に、データにアクセスした所、記録されている全てのデータを復旧する事が出来ました。
お客様とは、ハンディカム送付前にお電話でじっくりお話しさせて頂き、最後には弊社をとても信頼して頂きました。
また、信頼にお応えできる復旧結果となりまして、本当に良かったです。

こちらの機種は、2009年製のハンディカムです。販売から8年になりますが、その画質は現在でも十分通用します。
また、本体設計がしっかりしているのか、自然故障率の少ないハンディカムだと感じています。
SONYスピリットを感じられるビデオカメラの1台ですね。