HDR-CX535 Sony 管理ファイルに不整合が見つかりました。修復しますか?で消えた。岐阜県のお客様より。

HDR-CX535 管理ファイルの修復失敗で全部消えた

HDR-CX535 管理ファイルの修復失敗で全部消えた

ご依頼内容
ハンディカムに記録されている動画を、パソコンにコピーしていました。
コピー中にパソコンがフリーズしてしまったので、一旦ビデオカメラをレコーダーから取り外しました。
ハンディカムの画面に、「管理ファイルに不整合が見つかりました。修復しますか?」とメッセージが表示されました。
「はい」を選択した所、ビデオカメラに記録されている全ての動画が無くなりました。
現在、ビデオカメラの一覧には何も表示されない状況です。
パソコンには一部のファイルはコピーされていましたが、まだ大部分のファイルはコピーされてません。
取扱説明書を見て、「管理ファイルの修復」を実行してみましたが、状況に変わりはありません。
ハンディカムから、消えてしまった動画を復元する事は出来ますか?

作業結果
お預かりしたハンディカムを調査した所、内蔵メモリーに記録されている全ての動画が消失している状態でした。
ハンディカムの内蔵メモリーを解析して、データの再構築を行った所、消失した全ての動画を復旧する事が出来ました。
原因として、内蔵メモリーを調査した所、パソコンへデータをコピーする際に、正確には「コピー」ではなく
「切り取り」→「貼り付け」が実行されていたようです。
パソコンの「切り取り」→「貼り付け」は、データのコピーに失敗しても、コピー元から全てのデータが消える事があります。
便利な機能ですが、トラブルの元なので使用すべきではありません。
切り取り、貼り付けに失敗して、データを失った方はとても大勢見えます。
今後のパソコンの基礎知識として、覚えておきましょう。

こちらの機種は、空間手ブレ補正を搭載したハンディカムです。
大きなレンズがぎょろぎょろと、人を追いかける動作は、大事な我が子を見守る親の姿みたいですね。