ハンディカム故障 HDR-PJ590V Sony データ取り出し依頼。京都府のお客様より。

HDR-PJ590V-Sony-handycam-落下後に液晶表示に乱れ。データ復旧

HDR-PJ590V-Sony-handycam-落下後に液晶表示に乱れ。データ復旧

ご依頼内容
ハンディカムを落下させてしまい、液晶表示がおかしくなりました。
電源は普通に入り、タッチパネルの操作も出来ますが、青っぽいノイズの背景になり、
再生モードに切り替えても、これまで撮影した画像一覧が表示されません。
パソコンにも接続してみましたが反応が無く、記録してあるデータを取り出せません。
内蔵メモリーに記録してあるデータは無事でしょうか。
調査をお願いします。

作業結果
お預かりしたハンディカムを調査した所、落下時にユニットの一部が損傷し、
内蔵メモリーへのアクセスが出来なくなっている状態でした。
メモリ基板を取り出してデータに直接アクセスする事で、ハンディカム本体に
記録されている全てのデータを取り出し出来ました。
取り出したデータにつきまして、BDビデオディスク3枚として作成させて頂きました。
また、予備を兼ねて車載のDVDデッキでも再生出来るディスクが欲しいとの事で、
追加でDVDビデオディスク10枚も一緒に作成させて頂き、納品させて頂きました。
今後は、ハンディカムで撮影した思い出をディスク再生にてお楽しみ下さい。

こちらの機種は、歴代ハンディカムの中でもよく売れた機種の1つですね。
付加価値としてのプロジェクターに関心を示すユーザーが多かった事が伺えます。
今後のプロジェクターの進化も気になる所ですね。