HDR-SR11 Sony フォーマットしたハンディカムからデータ復元依頼。三重県のお客様より。

HDR-SR11-Sony フォーマットにより消去

HDR-SR11-Sony フォーマットにより消去

ご依頼内容
社内備品として共同利用しているハンディカムを使おうとした所、空き容量がほとんど無い状態だった。
前回の使用者は、データをコピー済だと思い、内蔵HDDをフォーマットしてから30分位の撮影を行った。
その後、前回の使用者がバックアップを取っていなかった事が判明しました。
耐久試験の動画のため、マテリアルの再入手が厳しく、可能であればハンディカムから動画を復元して頂きたい。
必要な動画は某日に撮影した、30分位の動画です。

作業結果
お預かりしたハンディカムを調査した所、内蔵HDDのフォーマットにより記録されていた全てのデータが消えている状態でした。
その後、約30分の上書き撮影が行われていました。
幸いにも、前回使用された方の動画は、HDDの後方に記録されており、初期化後に上書き撮影した動画は、
HDDの前方に記録されていたため、必要とされる動画は上書きされていませんでした。
復元した動画につきまして念のため、初期化後に撮影した動画とあわせ、SDカードに記録して納品させて頂きました。

この機種は、カールツァイスレンズと60Gの内蔵HDDを搭載した機種ですね。
前のモデルのSR-7と比較すると、静止画の画素数が倍近くになり、写真として印刷可能なクォリティーになりました。
この時代はビデオカメラの需供に活気があり、新しいモデルが出る度に、どんどん進化を感じられましたね。