HDR-XR500 Sony E:31:00 エラーのハンディカムからデータ復旧依頼。群馬県のお客様より。

HDR-XR500-Handycam_e:31:00 フォーマットエラーからデータ復旧

HDR-XR500-Handycam_e:31:00 フォーマットエラーからデータ復旧

ご依頼内容
ハンディカムでムービー再生しようとした所『HDDがフォーマットエラーです』『E:31:00』が表示され再生・取り出しが出来なくなった。
ハンディカムに衝撃などを与えた覚えも無く、突然エラーになり困っています。
先日使用した時には、何も問題なく撮影出来ました。
関係あるか分かりませんが、ビデオカメラに耳をあてると、カタッカタッと音が鳴っているようです。
何回か電源を入れなおしてみましたが、エラーは解除されません。
ハンディカムのHDDに記録されているデータを取り出して欲しい。

作業結果
お預かりしたハンディカムを調査した所、HDDの一部に読み取り不能な不良セクタが発生し、管理情報が破損している状態でした。
内蔵HDDを解析した所、記録されている全ての動画を取り出す事が出来ました。
復旧した動画につきましては、BDビデオディスクとして作成、記録させて頂き、写真はDVDに記録致しました。
E:31:00は、ほとんどの場合は論理的なデータ障害か、軽度のHDD物理故障である事が多いです。
しかし、内蔵HDDが物理故障していた場合は、時間の経過とともに、稀に状態が悪化する事もあります。
HDDの状態がより悪化すると、E:31:00の表示が出ずに、HDDエラーとだけ表示されます。
復旧が容易なエラーとはいえ、早めの復旧が安全確実にデータ復旧するためのポイントになります。

こちらのハンディカムは、画質、音質、デザインなど、あらゆる要素で多くの方に「感動」を与えた機種ですね。
また、録画した動画からDVDを作成するために、あえてHD画質で録画されていた方も多かった機種ですね。
現役でも問題なく動くタフな設計ですが、HDDの寿命を考慮すると、そろそろ買い替え時かもしれません。