ビデオカメラの電源が入らない Canon HF-M32 ivis データ取り出し依頼。鳥取県のお客様より。

HF-M32-Canon-ivis-電源が入らない

HF-M32-Canon-ivis-電源が入らない

ご依頼内容
子ども達が水鉄砲で遊んでいた所、近くに置いてあったビデオカメラに水がかかっており、
気が付いた時には、ビデオカメラが水浸しになっていました。
普段は、電源ボタンを押すとすぐ起動するのですが、電源を押しても何も反応しません。
ACアダプターを本体に差してみても、ジリジリと音がするだけで充電ランプもつきません。
故障から少し日数が経っていますが、電源が入らない状態でも中のデータを取り出せますか。
データが取り出しできるのであれば、ビデオカメラ本体は修理には出さない予定なので、
テレビで再生出来る状態にして欲しい。

作業結果
お預かりしたビデオカメラを調査した所、電源回路の周辺基盤に、焼け焦げたような跡が確認出来ました。 ビデオカメラ本体下部の基板はとてもきれいな状態でしたので、ビデオカメラの上側、電池ユニット側から
水が入り込んでしまい、通電によりショートしてしまったと考えられます。
メモリ基板にアクセスする事で、本体に記録されている全てのデータを取り出す事が出来ました。
復旧したデータにつきまして、BDビデオディスクとして作成、収録させて頂きました。

こちらの機種は、15倍の光学ズームに64Gの内蔵メモリーを搭載しています。
内部も堅牢な設計になっており、さすがは古くからカメラを設計してきたメーカーです。
画質に関しても、多くの方から定評のあるビデオカメラです。