HDR-CX390V Sony フォーマットしたハンディカムから、データ復元の依頼。大阪府のお客様より。

HDR_CX390-SONY 初期化したハンディカム、データ復元

HDR_CX390-SONY 初期化したハンディカム、データ復元

ご依頼内容
子どもがハンディカムを触っている時に、内蔵メモリーをフォーマットしてしまったみたいです。
ハンディカムの再生画面を開くと、子どもが撮影した4コマの画像だけが表示される状態です。
動画だけでなく、写真も全て消えてます。
カメラ屋に持って行き、調査してもらいましたが、消去後に撮影が行われている為、復元は難しいと言われました。
消えてしまった動画と写真を復元して欲しい。

作業結果
お預かりしたハンディカムを調査した所、内蔵メモリのフォーマットにより、記録されていた全てのデータが消えていました。
また、上書きの影響というよりも、データの断片化が多数発生している状況であったため、復元ソフトではまともに復元出来る状態にあらず、復元が難しいと判断されたものと考えられます。
上書き撮影そのものは、6分程度しか行われておらず、最初の方に撮影された約4分の動画のみ復元が出来ませんでした。
内蔵メモリを解析して、データの再構築を行った結果、消失したほぼ全ての動画を復元する事が出来ました。
また、写真につきましても、417枚(全415枚中)を復元する事が出来ました。 復元した動画につきまして、ブルレイデッキでそのまま再生可能な形式で作成させて頂きました。

こちらの機種は、デザイン、画質、重量ともにバランスの取れた機種ですね。
多くの方から支持され、ソニーの売れ筋機種の1つだったようです。
現在でも、よく見かけるハンディカムの1つですね。