HDR-CX500V Sony 削除したビデオの復活依頼。福岡県のお客様より。

HDR-CX500V-Sony 削除したビデオの復活

HDR-CX500V-Sony 削除したビデオの復活

ご依頼内容
子どもが悪戯で撮影した動画がいくつかあったため、ハンディカムに記録されているデータを整理していました。
整理中に、誤って必要なデータまで消してしまったみたいです。
動画を削除した後に、新しい撮影は行っていません。
必要なデータは、去年末に撮影したクリスマス会のイベント動画です。
現在、12月に撮影したクリスマス会の2つの動画が残っていますが、子どもが歌うシーンが無くなっています。
他にも、必要なデータを消してしまっているかもしれません。
一旦、同日に削除した、全てのビデオを復活して頂けますか?

作業結果
お預かりしたハンディカムを調査した所、動画の選択削除により、複数の動画が削除されている状態でした。
内蔵メモリを解析して、データの再構築を行った結果、削除した全ての動画を復活する事が出来ました。
一番必要とされている動画は、動画の最初が真っ暗な背景だったため、不要と思って消されたと思われます。
復活可能な全ての動画をお伝えした所、その他の動画は全てご不要との事でした。
復活した動画につきまして、ビデオカメラ本体に残っている他の動画とあわせて、BDビデオディスクとして、
収録させて頂きました。
ハンディカムで不要な動画が撮影された場合でも、カメラ上での削除操作は行わない方が良いです。
一旦、全てのデータをブルレイデッキやパソコンにコピーした後に、ご不要な動画を削除するようにしましょう。

こちらの機種は、2009年に発売された、クールなデザインが特徴のハンディカムですね。
発売から7年以上経過していますが、現在でも古さを感じさせないデザインがすごいです。
こちらの機種をお使いの方は、予備バッテリーをお持ちの方が多いみたいですね。
Sonyハンディカムの良い所の1つは、当時から現在も全機種、バッテリーが同じなので、
ビデオカメラを新しく購入しても、所有しているバッテリは予備バッテリーとして使えます。