ハンディカム 液晶割れ HDR-PJ675 Sony データ取り出し依頼。福井県のお客様より。

HDR-PJ675-Sony-handycam-落下して液晶割れ。データ取り出し

HDR-PJ675-Sony-handycam-落下して液晶割れ。データ取り出し

ご依頼内容
ハンディカムを車から落としてしまい、液晶画面が割れてしまいました。
本体のボタンを押すと電源ランプは点灯しますが、液晶画面に何も映らず操作が出来ません。
ソニーに修理に出した所、液晶画面以外にも損傷個所が多岐にわたり、修理不可として返却されました。
ハンディカムに記録されているデータは取り出し可能でしょうか。
大切なデータが記録されているので、何とかデータを取り出して欲しいです。

作業結果
お預かりしたハンディカムを調査した所、お電話でお聞きしていた以上に、損傷が大きかったです。
確かに液晶画面は割れていましたが、ビデオカメラの液晶画面以上に本体の損傷が大きく、
恐らく車から落とした後で、踏みつけられてしまった状況でしょうか。
これまでにも落下故障した多くのハンディカムを見てきましたが、思い起こしてみると
ビデオカメラの液晶画面は、高所落下でも意外と割れていなかった記憶があります。
物理的な処置を施した後、内蔵メモリーを解析する事で、記録されている全てのデータを
復旧する事が出来ました。
復旧したデータにつきまして、BDビデオディスクとして作成、記録させて頂きました。

こちらの機種は、光学ズーム30倍にプロジェクターを搭載しています。
空間光学手振れ補正が従来よりも更にパワーアップして、ぶれない映像を撮影出来ます。
こんなに高機能なビデオカメラでも、お手頃なお値段で販売されています。