HF-R11 Canon iVIS 電源の入らないビデオカメラからデータ取り出し依頼。長崎県のお客様より。

HF-R11-Canon-iVIS 電源が入らないビデオカメラからデータ取り出し

HF-R11-Canon-iVIS 電源が入らないビデオカメラからデータ取り出し

ご依頼内容
ビデオカメラの電源が入らなくなりました。最後に使用したのは1ヶ月前で、撮影後に保管しました。
現在は、チャージャーでフル充電したバッテリーを接続しても、ACアダプタを接続するも、無反応。
電源ボタンを押しても、本体のLEDも液晶画面も、どちらも点灯しない。
本体メモリーに記録されているデータを取り出して欲しい。

作業結果
お預かりしたビデオカメラを調査した所、基板回路の故障が確認出来ました。
メモリ基板に直接アクセスする事で、本体メモリーに記録されている全てのデータを取り出す事が出来ました。
取り出したデータにつきまして、パソコンを使用してお客様にて編集作業をされるとの事でしたので、
データ復元用DVD10枚に記録して、納品させて頂きました。
データ復元用DVDのプログラムを実行する事で、お使いのPCに取り出したデータが復元されます。

こちらの機種は、爽快な操作性、優れたポータビリティで、現在もお使いの方が結構見えます。
とても堅牢なビデオカメラですが、製造年数などを考慮すると、そろそろ買い替えの時期かもしれません。
そうそう、キヤノンは1969年に社名変更するまで、キヤノンカメラ株式会社という社名だったようです。
古くからカメラを専門的に研究開発してきた会社であった事が伺い知れますね。