HF-R32 Canon iVIS 故障したビデオカメラのデータ取り出し依頼。宮城県のお客様より。

HF-R32-Canon-ivis-故障したビデオカメラからデータ取り出し

HF-R32-Canon-ivis-故障したビデオカメラからデータ取り出し

ご依頼内容
ビデオカメラの電源を入れても、タッチパネルに何も映らず反応が無い。
一度電源を入れると、電源ランプも切れなくなるので、バッテリーを取り外してます。
パソコンとUSB接続しても反応が無いので、データを取り出す事も出来ない。
ビルトインメモリーに記録されているデータを、復旧して欲しい。
データが取り出せる場合は、ブルーレイで再生出来る形を希望します。

作業結果
お預かりしたビデオカメラを調査した所、構成ユニットの一部が破損しており、ビデオカメラの
電源を入れても、起動出来ない状態でした。
メモリー基板にアクセスする事で、記録されている全てのデータを取り出す事が出来ました。
復旧したデータにつきまして、BDビデオディスクとして作成、記録させて頂きました。
BDビデオの仕上がりにつき、お客様よりお喜びのお電話を頂きました。ありがとう御座いました。

こちらの機種は、クールなデザイン、画質、携帯性で人気のあった機種です。
バッテリーの持ちも良く、まだまだ現役で使える機種の1つですね。
雑学として、日本ではおなじみのCanonビデオカメラのブランド名「iVIS」は、
米国では「VIXIA」になります。
各ブランド名には、どのような意味が込められているのでしょうね。