ディスクセーフのデータ復旧

トラブルが発生してデータの読み取りが出来なくなったり、誤って消去やフォーマットをしてしまった記録メディアからのデータ復旧サービスを提供しています。 CD、DVD、ブルーレイディスク、パソコンのハードディスク、NAS、USBメモリ、SDカード、デジタルビデオカメラなど様々な記録メディアに対応しています。 また論理障害だけでなく、物理障害の発生しているメディアからのデータ復旧も対応開始しました。 突然のデータトラブルでお困りの時は、ディスクセーフのデータ復旧サービスをご利用下さい。

安心の定額復旧

過去にデータ復旧サービスを利用された事のある方や、他社にて実際に見積もりを取られた方は、多くの方が高額に感じた事と思います。 ホームページ上には安い価格が記載されているのに、実際には見積金額が高額だったという話もよく耳にします。 ディスクセーフの料金体系は実にシンプルで、復旧メディア種別毎にデータ復旧価格を設定する事で、明々白々な料金体系にしました。 他社で診断や見積もりをしたけど、費用面で諦めてしまった方も、ディスクセーフなら安心です。 確かな技術と安心の価格で、お客様のデータトラブルを解決するために全力を尽くします。

成果報酬型

ディスクセーフでご希望のデータが復旧出来なかった場合は、費用は一切かかりません。お客様にご負担頂くのは、送料のみです。 また、価格表に記載されている金額よりも請求額が増える事も御座いません。

高い復旧率の理由の1つ

ディスクセーフのデータ復旧は、RAW解析を基盤技術としています。 RAW解析は、論理的なデータ復旧における最終手段であり、高度なデータ解読スキルが要求されます。 RAW解析の難点は、データ構造解析に時間がかかる事や、復旧するファイル種別毎に専用のデータ構造解析プログラムを開発する必要がある事があげられます。 そして何よりも、復旧作業を行う担当者が、ファイルの元となるバイナリデータに精通している必要があります。 しかし、RAW解析はファイルシステムやデータ断片化などによる復旧制約を受けないため、高い復旧率を提供する事が出来ます。 他の業者で復旧調査をした時に、データの状態が悪いので、これ以上の復旧は無理です。と言われて復旧を依頼したが、 諦めきれないデータ(特に動画や写真が多いです)があり、ディスクセーフに再調査を依頼されるお客様もしばしば御座います。 そして、多くのお客様は他社では復旧できなかったデータを、ディスクセーフで取り戻しています。 ディスクセーフにて、本物の復旧技術をお客様自身で体感して頂けましたら幸いです。

復旧に仕事に真面目な会社です

ディスクセーフは、技術志向のスタッフが集まる少数精鋭の真面目な会社です。 様々な理由を付けて、お客様から少しでも多くの費用を頂こうといった考え、しつこい営業電話、復旧を急かす行為は一切ありません。 各スタッフともに、電話応対が丁寧、親切、分かりやすいと好評ですので、データのトラブルでお困りの際は、お気軽にお電話下さい。