データ復旧とは

障害が生じて情報にアクセス出来なくなった記憶メディアから、データを取り出す事です。 データ障害は使用者の誤操作、物理的障害、記録メディアの経年による劣化など、様々な要因により発生します。 しかし多くの場合、アクセス不能になってしまったデータは、データ領域に残された情報を解析する事により、復旧することが出来ます。

どうして突然情報にアクセス出来なくなるの?

デジタル記憶メディアは、従来のレコードやビデオテープに代表されるアナログメディアとは異なり、再生回数や経年によるデータ品質の 劣化は基本的にありません。 しかし全てのデジタル記憶メディアは永久にデータ保存出来る訳ではなく、経年と共に少しずつ信号記録素子が劣化したり、物理的機構が 摩耗していきます。 ある程度までの情報損失は、エラー補正機構により自動的に情報が修正される為、メディアの劣化を気にすることなく情報にアクセス出来ますが、 エラー補正の限界までメディアが劣化すると、突然情報にアクセス出来なくなります。 故障までの期間や、劣化進行はメディアの製造品質や保管状態、利用形態により大きく左右される為、予測する事は出来ません。

大切なデータを取り戻すために

データ消失後に該当する記憶メディアを使い続けたり、記憶メディアのトラブルを認知しながら お客様自身で復旧にチャレンジをする事で、復旧出来る可能性は低下する傾向にあります。 また、信号記録素子の劣化などが原因により、アクセス出来なくなったメディアからのデータ復旧は、 時間が経つほどデータ復旧は難しくなります。 大切なデータを確実に復旧する為に、なるべく早めにプロフェッショナルにお任せ下さい。